長野のお薦めのお酒をご紹介します

長野県は米どころです。

標高が高いため、川上の水は澄んでいて美味しいです。

また夜間の温度が下がるため、お米の糖度が十分に上がる環境です。

お米を醸造して作られる日本酒は、良質なお米と水、そして冬場の冷え込みによる熟成が美味しさのポイントです。

また長野県は果物の大産地です。

近年はワインブドウの栽培が盛んで、甲州に追いつけ追い越せの勢いで、理想的な環境のワイナリーが続々と誕生しています。

お薦めの蔵元はこちら

諏訪市の「宮坂醸造」は、県内では最も知られた蔵元の一つです。

『真澄』の銘柄を聞き覚えある方は多いかと思います。

すっきり辛口で旨味のあるお酒です。

日本一の蔵元数を誇る佐久市は日本酒愛好家にとって隠れた聖地といわれることが多いです。

「大澤酒造」は佐久市(旧望月町)の蔵元で、代表的銘柄の『明鏡止水』は米の香りと豊かな味のバランスが絶妙の日本酒です。

蔵の町として知られる須坂市の「遠藤酒造場」は、革新の味を求めるオリジナル商品の多い蔵元です。

代表銘柄は『渓流』で、のどごし爽やかな日本酒として人気があります。

長野市信州新町の「尾澤酒造場」は小規模な蔵元ですが、丁寧な酒造りで定評があります。

代表銘柄の『十九』で、果実のような香りとキリッとした酸味が特徴の美味しい日本酒です。

お薦めのワイナリーはこちら

長野県の冷涼な環境を活かし、近年は国産ワインの産地として注目を集めています。

「桔梗ヶ原ワインバレー」は塩尻市の老舗ワイナリーを中心に発展してきました。

ナイアガラ、コンコードの産地として知られています。

「日本アルプスワインバレー」は、松本・安曇野エリアに広がるワイナリー産地です。

欧州系のワインブドウの醸造も増えています。

「千曲川ワインバレー」は、近年は新規に就農した生産者によるワイナリーが数多く誕生しています。

東御市では、行政と民間で協同しながらワインフェスタを開催しています。

「天竜川ワインバレー」は、ヤマブドウ系の日本固有品種のワイン作りが行なわれているのが特徴です。

今後の発展が期待されています。

いかがでしたでしょうか?

長野県は日本酒、ワインの一大産地で、お酒をこよなく愛する方々にとって魅力的な地域です。

そして美味しいお酒作りには、それに適した気象条件が必要です。

長野県のお酒は世界からも注目されています。

料理に合う食中酒として、海外への輸出が増えています。

醸造の分野は美味しさだけでなく、産業としても要注目ですね。

長野県で暮らす役立つ情報まとめ!食・観光・スポット