長野県の郷土料理をご紹介します

長野県は蕎麦の栽培が盛んです。

信州そばは、長野県のイメージそのものです。

郷土グルメの代表ですね。

また海のない長野県は、山や森、そして川の恵みをいただいてきました。

そんな長野県の郷土料理をご紹介します。

お薦めのお蕎麦屋はこちら

上田市の「刀屋」は、小説家の池波正太郎が何度も来店された名店です。

固くてコシのある、まさに蕎麦って感じです。

豪快な盛りつけで、胃袋も満足です。

長野市善光寺の表参道にある「藤木庵」は、黒姫の霧下蕎麦を使用しています。

昔ながらの石臼で挽き、手打ち蕎麦を堪能できます。

茅野市の「傍(katawara)」は、隠れ家のようなオシャレなお蕎麦屋です。

蕎麦だけでなく、ヘルシーな野菜料理をいただけるレストランのような雰囲気です。

松本市の「蕎麦倶楽部佐々木」は、松本城近くの人気店の一つです。

蕎麦の風味とコシを大切にする蕎麦打ちに定評があり、岩塩のみでいただく塩蕎麦も人気です。

佐久市の「職人館」は、知る人ぞ知る名店です。

お店の食材はすべて地元産にこだわり、和洋折衷のオリジナル料理も堪能できます。

お薦めの郷土料理はこちら

松本市の「新三よし(しんみよし)」は、馬肉料理の専門店として人気です。

長野県は熊本県と並び、馬肉の消費量の多いところです。

馬肉は脂質が少ないので、カロリーの少ない健康食でもあります。

駒ヶ根市の「ガロ」は、ソースカツ丼の人気店です。

駒ヶ根市にはソースカツ丼の店が建ち並びますので、お気に入りのお店を見つけてださい。

佐久市の「三河屋」では、名物『佐久鯉』をリーズナブルな価格でいただくことができます。

佐久鯉は全国屈指のブランド鯉です。

長野市鬼無里の「いろは堂」は、信州名物『おやき』の名店です。

おやきは、小麦粉やそば粉で作った皮で、ご当地野菜の野沢菜や切干し大根、きのこなどの具材の餡を包み込みます。

蒸して作るもの、まんじゅうにするもの、そば粉を中心にするものなど、地域ごとに特色があります。

お好みのおやきを見つけてください。

いかがでしたでしょうか?

長野県へ足を運ばれるならば、ソウルフードと呼ばれる郷土料理をぜひご堪能ください。

その土地でしか味わえないものを食すのは、旅の醍醐味の一つです。

ご紹介できませんでしたが、信州サーモンや鮎の刺身、伊那ローメン、蜂の子やイナゴ、マツタケの土瓶蒸し、五平餅、市田柿など、まだまだ美味しい郷土料理がたくさんあります。

ぜひ食の旅をお薦めします。

長野県で暮らす役立つ情報まとめ!食・観光・スポット